日曜ルビーと初夏の風

日曜ルビーと初夏の風

キングストンのUSBメモリは、歩くたびにシャランと綺麗な音を出す。
銀色のチェーンとの相性のせいだろう。
その音が、今日は半音高かった。(あれ、今日はソのシャープだ。 )
そのとき、風がザッと吹いて、周りの景色のトーンも少し上がった。
どうしてかは分からないけど、別の世界へ迷い込んでしまったようだ。
すれ違う人はみな、私と同じネックレスをしていた。
シャランとソのシャープの音を出しながら、人びとが歩いていた。
会社の前まで行ったけど、ビルごとなくなっていた。
なんだかそんなことになっているような気はしていた。
( さて、どうしよう。。。 )
紫から白へとグラデーションしている花をぼんやり眺めていると、スーツにアルミ製のアタッシュケースを持ったサラリーマンに話しかけられた。
「あの、お困りでしたらお力になれるかと。 」
「。。。やっぱり私だけこの世界に馴染んでない感、出てます? 」
「 いえ、そのネックレス、私たちのものと大変似ていますが別のものですから、もしやと思いまして。」
私は自分がぶらさげているUSBメモリスティックと彼のネックレスを見比べた。確かに、似ているけど違う。
「よろしければ、ご案内しますよ。」
「え、どこへ? 」
「ツタの扉へ。 」
「。。。ツタの扉? 」
「ええ。私どもの会社『日曜ルビー 』は、ツタの扉を開けるカギを制作、販売しております。」
そう言ってサラリーマンは名刺をくれた。
「その、ツタの扉を抜けると。。。? 」
「元いた世界へ戻れますよ。 」
「カギ、おいくらですか?」
「こちらの世界の人が買うと118000円ですが、あちらの世界の方なのでお安くしておきますよ。5800円と消費税でいかがですか。デザインは選べます。」
「。。。とてつもなく営業上手ですね、白木さん。 」
私はもらった名刺を見ながら言った。
それからてくてくと2人で歩き、数分で海の近くへ出た。もちろん私の会社の近くに海はない。

「ここです。」
連れてこられたのは、薄い青の(たぶん昔は濃いブルーだった )扉の前。
波の音、潮風、揺れる小さな昼顔。
気持ちがいい。

白木さんはおもむろにケースを開けた。
「カラーはシルバー、ゴールド、ブラック、 形もいろいろありますよ。」
「あの、白木さん、もう少しこっちの世界を見てから帰りたいんですけど。 海なんて久しぶりだし。カギは買います。」

白木さんは微笑んでこう言った。
「みなさんそうおっしゃいます。どうぞごゆっくり。私も今日は直帰にします。浜辺で何か飲みましょうか。」
「じゃあビール飲みません? 」
「いいですね。」

そうして私たちはプシュっとおいしい音をたてた。
この世界のことを色々聞いたけど、ほとんど私の住んでるところと変わらなかった。
ただ、小さな決まりごと、流行などが少し違った。
たまにいるらしい。こちらの世界と波長があってしまい、迷い込んでくる人が。
みんながしてるペンダント、役割はそれぞれ違い、ケータイがわりの人もいれば、ライト、ハンコ、ゲーム機、何でもいいけどアレをつけてないとだめなんだって。
「あ、じゃあ私は、そのカギをこの形でもってようかな。」

「わかりました、ではシルバーでお作りします。 」
ツタの扉は、どんな人のどんなカギでも開けることができる。
しかしそれは、こちら側からしか開けられない。

「また迷い込んだ時、カギをお持ちでなかったら、私を呼んでください。 」
「何回も買うの嫌なんで、いつもしてることにします。」
「そうですね。それでは、また。 」

私はツタの扉にカギを入れた。
ベタな音の連続で扉は開いた。

元の世界では、時間はほとんど進んでいなかった。もっとのんびりしてくればよかったな。
会社に向かう私の胸には、2つのUSBメモリが、ソとソのシャープの音で揺れていた。
半音のハーモニーは若干気持ちが悪いが、気分はとても良かった。